ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

額田のダシまつり

 額田のダシ山車御神木の巡幸

 つくりもん(明智光秀)つくりもん(かちかち山)

 つくりもん(宮本武蔵)つくりもん(ジョーズ)

 秋の豊作を祈り、二階部分が廻る山車が巡行して賑わいます。
 特に野菜・果物などの野の幸で作り「つくりもん」は、農民芸術としても広く知られ、
 額田祭りの一番の呼びものとなっています。

額田のダシまつりとは…

 全国的にも珍しい「額田のダシ」と言う独特の伝統文化。
 豊かな野山の幸を材料に、古今東西の物語や話題に趣向を凝らした<つくりもん>で
 「下ダシ」と呼ばれ100年余りの歴史を語る。
 祭り囃子の賑やかに、西日本唯一と言われる「二階の廻る山車」二基、さらに「太鼓屋台」や
 「子供神輿」の巡行で祭りはクライマックス。
 古代信仰の名残を今に伝える一本の木のミコシ「御神木の走行御幸」がある。
 全家庭の祭壇を引立てる屏風と生花、御神燈に灯りが入る田舎通りのたたずまいは、
  華やかさの陰に一抹の淋しさを含み、失われかけた日本の祭りの現風景である。
 現在生活に疲れた人間の心を癒す何かがここにある。

開催日   

   10月第2土曜日・日曜日

内 容

  ●下ダシ(つくりもん)の公開

  ●山車(ダシ)・太鼓屋台の巡行

  ●一宮神社の御神木の巡幸

場 所

  JR下夜久野駅周辺、福知山市額田地区

  夜久野(やくの)バス(時刻表・路線図)のバス交通

主 催

  額田地区自治会長会 

  額田のダシ振興会 電話:090-4640-6194(大本)

 

 


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?