ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 都市・交通課 > 官民連携による「未来ビジョンの作成」を行います(官民連携まちなか再生推進事業)【更新】

本文

官民連携による「未来ビジョンの作成」を行います(官民連携まちなか再生推進事業)【更新】

ページID:0062006 更新日:2024年1月31日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

官民連携まちなか再生推進事業

 福知山市都市計画マスタープランではまちづくりの重点戦略として「まちなかの賑わいを創出する魅力あるまちづくり」を、立地適正化計画では市街地への居住を誘導するための方針として「歩きたくなる賑わいのある市街地の創出」をそれぞれ掲げています。これらを実現するために、官民が連携して空間資源を使いこなしながら居心地のよい環境をつくることによりエリア価値を高めるとともに、エリアの周遊性の向上を図ります。(官民連携のまちづくり)。

 令和5年度は、国庫補助事業である「官民連携まちなか再生推進事業」を活用しながら、官民の様々な人材が集積するエリアプラットフォームの構築、エリアの将来像を描いた未来ビジョンの作成に取り組みます。なお、本事業の対象地区(エリア)は下図のとおりです。

対象地区

 地図は国土地理院の標準地図を使用しています。施設名称等は地図作成時点のものであり、実際のものとは異なる場合があります。

エリアプラットフォーム(追記しました)

 エリアプラットフォームは、まちづくりの推進に関わる団体と本市で構成される協議組織です。官民連携のまちづくりを展開するために官民の様々な人材が集積し、未来ビジョンに描く将来像の実現をめざします。

(追記)第2回会議において、エリアプラットフォーム「福知山 Sustainable Neighbors Action」を設立しました。

  福知山 Sustainable Neighbors Action 名簿 [PDFファイル/170KB]

未来ビジョン

 未来ビジョンは、エリアがめざす将来像をビジュアルで表したものであり、エリアプラットフォームが作成します。未来ビジョンには、官か民かを問わず多様な取組や期待する姿等を描きます。

 福知山市では、この未来ビジョンをもとに都市再生整備計画を作成し、まちづくりの実現に取り組みます。

市民メンバーの募集(終了しました)

 エリアプラットフォームの会議に参加して、一緒に未来ビジョンの作成に取り組んでいただける方(個人)を募集します。(募集は終了しました。)

会議の開催について

第2回会議

  日  時:令和6年1月16日(火曜日) 14時00分から

  場  所:福知山市厚生会館 中会場

  内  容:(1)前回の意見を踏まえた未来ビジョンの作成状況の報告

       (2)令和6年度官民連携まちなか再生推進事業への応募

       (3)エリアプラットフォーム「福知山 Sustainable Neighbors Action」の設立

       (4)意見交換

  第2回会議資料 [その他のファイル/2.48MB]

   資料2は事業応募に関する資料であり、事業採択の審査等を控えているため、公開していません。

  第2回会議議事録(概要)は後日掲載します。

第1回会議

  日  時:令和5年12月20日(水曜日) 13時30分から

  場  所:市民交流プラザふくちやま3階 市民交流スペース

  内  容:(1)事業概要

       (2)(仮称)エリアプラットフォーム設置規則案

       (3)エリアプラットフォーム等の愛称及び未来ビジョンに対するアイデアや意見等の発表

       (4)意見交換

  第1回会議資料 [その他のファイル/5.45MB]

  第1回会議議事録(概要) [PDFファイル/371KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?