ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 都市・交通課 > 福知山市が全国17都市の「防災コンパクト先行モデル都市」に選ばれました

本文

福知山市が全国17都市の「防災コンパクト先行モデル都市」に選ばれました

全国モデル都市

防災コンパクト先行モデル都市

 福知山市は、国が選定する「防災コンパクト先行モデル都市」に選ばれました。防災コンパクト先行モデル都市は全国で17都市(11月20日時点)あり、福知山市についても、都市の防災・減災対策に意欲的に取り組んでいること、防災に関する関係機関(国、府等)との連携体制が整っていること等が国から評価され、モデル都市に選ばれています。水害と戦ってきたまち福知山として、全国の先行事例となる「防災指針」を定め、本市の7つのまちづくりのひとつである安心・安全に「住み続けられるまち」づくりをこれからも推進します。

防災指針とは

 近年の頻発化・激甚化する災害に備えるため、防災の観点を取り入れたまちづくりが喫緊の課題となっています。令和2年の法改正により、都市のコンパクト化を推進する立地適正化計画において、都市における防災・減災対策(防災指針)を位置付けることが定められました。

今後の予定

 令和2年11月20日に開催された国の会議(第2回防災タスクフォース会議)において福知山市の防災指針に関する検討内容の一部が紹介されました。安心・安全に「住み続けられるまち」を実現するため、防災指針の作成に向け関係機関と連携しながら検討を進めてまいります。

 現在、福知山市では「住み続けられる」魅力的なまちづくりを実現するため、防災指針とともにそれを記載する立地適正化計画の作成及び都市計画マスタープランの改定に取り組んでいます。なお、防災指針は作成後に立地適正化計画または都市計画マスタープランとして市民の皆さまへ公開しますので、ぜひご覧ください。

福知山市の防災まちづくり

 過去に起きた災害の中でも、特に水災害は福知山のまちづくりと深い関わりがあります。
 福知山は由良川中流部に位置しています。由良川の中下流部は川幅が狭く、勾配が緩やかであることから、福知山は水災害が起きやすい地形となっており、福知山のまちづくりにおいて由良川の治水は特に重要とされてきました。古くは、明智光秀が福知山を平定して城下町を築いた際に堤防を整備したと言われています。由良川の治水の取り組みは光秀以降も長年にわたり続いています。明治時代には福知山大堤防が造られるなど、現在においても水災害を減らす取組が行われています。

明智藪写真
    由良川の氾濫から福知山のまちを守る明智藪(写真中央)は明智光秀が水害対策で造営した
   と伝えられています。

 また、近年は由良川の水災害だけでなく、内水氾濫による大きな災害も発生しています。特に、平成26年8月豪雨では、市街地が広い範囲で浸水するなど大規模な被害を受けました。この被害を受け、全国でも画期的な取組として、国・府・市が「由良川流域(福知山市域)における総合的な治水対策協議会」を設立し、連携した対策を進めています。

総合治水
    国・京都府・福知山市が連携し、床上浸水被害を防止するために実施していた総合的な
   総合的な治水対策が令和2年5月末で概ね完了しました。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?