ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 都市・交通課 > 児童科学館「いのちってなに?」展の開催について

本文

児童科学館「いのちってなに?」展の開催について

「いのちってなに?」展について

 私たちは母親の胎内で10ヶ月過ごし誕生します。受精卵の大きさは120μmですが、今ここに生きている私たちは信じられないくらい大きく成長しています。そのメカニズムの中心には「タンパク質」があります。タンパク質は、私たちの体を作るだけでなく食べ物の消化・吸収に必要な酵素やからだを病気から守る抗体の原料でもあります。そして、タンパク質の設計図は「遺伝子」です。そして、この生命のメカニズムを利用したバイオテクノロジーは様々な場面で私たちの生活を支えています。この展示では、命の不思議から始まり、生命活動の中心とも言える「タンパク質」や「遺伝子」、そしてそこから分かってきたことが私たちの生活の中どのように利用されているのかについてパネルで紹介します。

期 間

令和2年11月14日(土曜日)~令和2年12月13日(日曜日)
午前9時~午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで)
※ご来館の際には、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、マスクの着用をお願いします。

場 所

児童科学館 1階 イベント広場  (三段池公園内)
福知山市字猪崎377番地の1

展示内容

パネル11枚(A4サイズ)

企画・製作:農研機構
協力:全国科学館連携協議会

入館料

大人           330円
子ども(4歳~中学生)   160円

問い合わせ先

団体名:(公財)福知山市都市緑化協会
施設名:福知山市児童科学館
    Tel:0773-23-6292
    Fax:0773-23-6340
休館日:毎週水曜日(祝日と重なる場合はその翌日)

Googleカレンダーへ登録<外部リンク>
Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?