ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 建築住宅課 > 木造住宅等の耐震化への補助事業について

本文

木造住宅等の耐震化への補助事業について

木造住宅等の耐震化への補助事業

 福知山市では、地震に強いまちづくりを進めており、次のような住宅等の耐震化に関する事業を行っています。

 

 木造住宅耐震診断士派遣事業

 昭和56年5月31日以前に着工の木造住宅は、地震時に被害が大きくなると予測されていますので、福知山市が木造住宅耐震診断士を派遣し耐震診断を実施しています。

 費用負担については、耐震診断士の交通費として3,000円が必要です。

木造住宅耐震改修事業

 地震による住宅の倒壊などの被害から市民の生命、身体及び財産を保護するため、住宅全体または一部を改修し耐震性能が向上する工事費の一部を補助します。

 

※本格改修(耐震診断の結果数値が、一定以上となる改修)

 補助額については、耐震改修対象経費の4/5かつ上限100万円。

※簡易改修(耐震性が確実に向上する改修で京都府の規定に該当するもの)

 補助額については、耐震改修対象経費の4/5かつ上限40万円。

民間施設ブロック塀等緊急安全対策支援事業

 地震、暴風等の自然災害時におけるブロック塀等の倒壊による被害を未然に防止するため、ブロック塀等の撤去にかかる費用の一部を補助します。

 補助額については、撤去工事対象経費の3/4かつ上限15万円。

 

 補助事業制度の募集件数には限りがございますが、内容をご確認いただき、この機会にぜひ制度の利用をご検討ください。

 

※ 事業開始(7月頃予定)になりましたら、あらためてお知らせいたします。