ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農林業 > 令和3年度 未来につながる持続可能な農業推進コンクール 応募者募集(9月17日締め切り)

本文

令和3年度 未来につながる持続可能な農業推進コンクール 応募者募集(9月17日締め切り)

 農林水産省は、農業生産活動の持続性を確保するため、農業の自然循環機能を活かし、農業生産に由来する環境への負荷を低減する取組として、有機農業をはじめとする環境保全型農業を推進するとともに、食品安全、環境保全、労働安全、人権保護、農場経営管理等の持続可能性を確保するための一連の取組であるGAP(good agricultural practice)を推進しています。

「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」は、持続可能な農業の確立を目指し意欲的に経営や技術の改善等に取り組んでいる農業者等を表彰し、全国の農業者の模範とすることを目的として、農林水産省が主催するコンクールです。


GAP部門、有機農業・環境保全型農業部門から農林水産大臣賞が選定されますので、奮ってご応募ください。詳細は下記の資料などをご確認ください。

農林水産省プレスリリース/募集パンフレット (ダウンロード)[PDFファイル/789KB]

皆さんのご応募をお待ちしております。

コンクール募集概要

 

【表彰部門】

  1. GAP部門
  2. 有機農業・環境保全型農業部門

【応募できる方】

(1) GAP部門(個別経営の部、団体の部、人材育成の部)

応募時点で第三者認証を備えたGAP(Globalg.A.P.、Asiagap、Jgap)を取得し、かつ、継続的なGAPの取組を通じて、農業経営の改善や持続可能性の確保について顕著な成果を上げている農業者、農業団体及び教育機関等。なお、実需者と連携した取組についても表彰の対象とします。

応募用紙(GAP部門) [Excelファイル/38KB]

(2) 有機農業・環境保全型農業部門(個別経営の部、団体の部、人材育成の部)

有機農業をはじめとする環境保全型農業の取組を通じて、環境負荷低減や生物多様性など環境の保全等に顕著な成果を上げている農業者、農業団体及び教育機関等。なお、実需者と連携した取組についても表彰の対象とします。
応募用紙(有機農業・環境保全型農業部門) [Excelファイル/40KB]

取り組み内容の記載例はこちら [PDFファイル/177KB]


【表彰の内容】

農林水産大臣賞 2点以内
(1) GAP部門 1点以内
(2) 有機農業・環境保全型農業部門 1点以内

生産局長賞 6点以内
(1) GAP部門 3点以内 個別経営の部、団体の部、人材育成の部
(2) 有機農業・環境保全型部門 3点以内 個別経営の部、団体の部、人材育成の部

※GAP人材育成の部は、農業教育機関の取り組みが対象になります。

過去の受賞者の取り組みの詳細はこちらをご覧ください。

Gap部門GAP部門

有機農業・環境保全型農業部門有機農業・環境保全型農業部門


【応募期間】

令和3年9月17日(金曜日)まで

【応募方法・詳細について】

募集要領や応募方法については、以下の農林水産省ホームぺージをご確認ください。

https://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/r3_konkuru.html<外部リンク>

応募用紙をダウンロードし必要事項をご記入の上、下記の応募先にお送りください。

【応募先】

GAP部門:各都道府県GAP担当部署

有機農業・環境保全型農業部門:各都道府県環境保全型農業担当部署


【コンクール主催】

農林水産省

【お問い合わせ先】

近畿農政局 生産部 生産技術環境課
(電話:075-414-9722)

【新規就農のご相談・農林業振興等のお問い合わせ】
〒620-8501
京都府福知山市字内記13番地の1
福知山市産業政策部
農林業振興課
電話:0773-24-7044 Fax:0773-23-6537
E-mail:noushin@city.fukuchiyama.lg.jp
(市役所4階 受付時間:平日午前8時30分~午後5時15分まで)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?