ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林業振興課 > ビニールハウスの「雪害対策」を行いましょう~本格的な降雪に備えて~(マニュアル付)

本文

ビニールハウスの「雪害対策」を行いましょう~本格的な降雪に備えて~(マニュアル付)

ビニールハウスの雪害対策を行いましょう。

本格的な降雪を前に、降雪被害に備えてビニールハウスの補強など雪害対策を行いましょう。

ビニールハウス雪害対策マニュアル(京都府中丹東・西改良普及センター)

1 事前にしておくこと

(1)段取りの確認

降雪前に、除雪した雪の置き場、除雪路の確保など段取りを確認しておく。

(2)ハウスの点検・補修

ハウス基礎部の腐食、ビニールの破れや隙間等を点検し、事前に補修しておく。

(3)安全装備の準備

安全に除雪作業に取り組めるようにヘルメットや滑りにくい靴などを用意しておく。

(4)ビニールの除去・洗浄

冬季に栽培予定がなければ、天井のビニールを外しておく。
ハウス内土壌への降雪や積雪は、次期の栽培準備に遅延をもたらすため、外したビニール等でハウス内地面を被覆し水分が浸み込まないようにする。
冬季に栽培予定があれば、雪が滑落しやすくするために寒冷紗でこする等、ビニールを洗浄しておく。

(5)複数で作業

降雪時の見回りや降雪作業は安全のため複数人で行う。このため事前に家族や友人等の助力をお願いしておく。

2 倒壊のメカニズム

  一般に、ハウスは雪の重みで天井部が下がり、肩部が広がることで倒壊する。よって、天井部だけでなく、肩部の補強が必要となる。

雪の重さイメージ

ハウス天井部の接合方式にはジョイント方式とスエッジ方式の2種類がある。スエッジ方式は、天井部が平らになりやすく強度が低下するので、新しく建てる時はジョイント方式にする。

スエッジ方式・ジョイント方式

写真:左スエッジ方式 右ジョイント方式

3 ハウスの補強・暖房方式

  補強による雪害対策は、「スノーポール(中柱)」「タイバーまたは斜材」「筋かい」が必須となるので、建てる時にこれらの資材を設置または購入しておく。設置する際には、ハウスが降雪後にねじれないよう、補強は左右対称とする。

 これらの方法をすべて行うことは大変だが、すべてあきらめるのではなく、まずはできる対策から順次行って行くことが大切である。


(1)「スノーポール(中柱)」による補強

  スノーポールは3~4m程度の間隔で取り付ける。この時、柱の下に板やブロックなどの台石を敷いていないと、雪の重みで支柱が土中に沈み込み、バランスを崩して倒壊につながることが多い。

 スノーポールに竹を使用する場合、長期保管していると裂けやすいので、丸太の方が好ましい。竹を使用する場合は、節間で切断すると裂けやすいので、節近くで切断するようにする。

 スノーポールは重くかさばるため、あらかじめ利用しやすい場所に保管しておく。

スノーポール補強イメージ

(2)「タイバー」による補強

タイバーは、軒から棟の高さのうち、軒から1/4の位置に取り付ける。

タイバー取り付けイメージ

(3)「斜材」による補強

斜材は、軒から軒の高さのうち、上から1/4の位置と軒を結ぶようにX型に取り付ける。この方法は、タイバーより積雪への効果が高いとされている。

斜材取り付けイメージ

(4)「筋交い」による補強

 筋交いは、妻面からの倒壊防止(横の動きの補強)に対し効果的なので、台風対策に非常に有効だが、雪害対策への効果はあまり高くない。そのため、すべての対策が難しい場合は(1)から(3)の対策を優先する。

筋交い補強イメージ

(5)太いパイプへの交換

径の太いパイプにすべて交換しなくても、数本に1本の交換でも一定の強度向上につながるため、低コストで取り組みやすい。

(6)アーチパイプ基礎部の補強

設置数年が経過し、腐食が認められるアーチパイプの側面に補強的にパイプを設置・固定する。

アーチパイプ基礎部の補強イメージ

(7)融雪プールの設置

ハウス間にマルチ用資材等でプールを作り、水が流れる状態で溜める。水量が少なくても融雪効果がある。

(8)ハウス内の暖房

1~2aまでの小さいハウスでは、ハウスを密閉し積雪前から、ストーブ等によりハウス内部を加温する。その際内張りは開けて暖気が天井面に当たるようにする。

※一酸化炭素中毒の危険があるため、ハウスに入る場合は十分に換気する。
※不完全燃焼等で発生するガスで農作物が被害に遭う可能性があるので、特に作付中に加温する場合は注意する。

4 降雪中・後の倒壊防止

降雪中・後については、複数人で作業する。出入りする際は倒壊に注意するなど安全面に十分配慮した上で作業すること。


(1)天井部の除雪

 雪が滑落しない場合は、手作業で強制的に滑落させ、天井に雪を乗せたままにしない。天井の雪を放置すると、さらに積雪しやすくなるので注意する。また、2年目以降の古ビニールは、滑性が劣り積雪の危険性が高いので、除雪の順番は古ビニールのハウスから行う。

(2)除雪方法

 ハウス上の除雪方法は、外側からT字型のブラシで落とす、両側にロープを渡して2人で斜め気味に引っ張って落とすなどがある。

(3)除雪場所のバランス

 片側だけ除雪すると天井部の積雪に偏りができ、少ない積雪でも倒壊する場合があるため、除雪は初期から行うか、両側均等に行う。同様に、片側日照や風向きでも積雪に偏りができる場合があるので気をつける。
 また除雪は、肩部だけでなく天井部まできちんと行わないと倒壊する場合がある。

(4)ハウス側面の除雪

 ハウスの側面に雪が積もり続ける場合は、積雪がハウスの肩の高さを超えると倒壊の危険が急激に増すため、小型除雪機などを使用し早急に除雪する必要がある。
天井部の除雪により側面に雪がたまるため、この2つを考慮した除雪作業が大切である。

(5)ビニールの切断

 急激な降雪により積雪が1mを超えるような緊急時には、ビニールを切ってハウスの倒壊を防止する。その際は、落雪の下敷きにならないよう細心の注意を払って作業を行う。ビニールの切断も除雪同様、雪の荷重を偏らせないよう、天井パイプに対して左右対称に行う。
なお、ハウス内に入りビニールを切断する場合には、複数人で入りヘルメットの着用等の安全対策を行い落雪や倒壊に細心の注意を払い作業を行う。
また、園芸施設共済に加入している場合は、切断前に農業共済組合に確認する。

【上記の雪害対策マニュアル ダウンロード】

ビニールハウス雪害対策マニュアル [PDFファイル/766KB]
※プリントアウトしてご利用ください。

【関連リンク】
【上記のビニールハウス雪害対策に関するお問い合わせ】

上記マニュアルは京都府中丹東・西改良普及センターより配布されています。


上記に関するお問い合わせは中丹西農業改良普及センター<外部リンク>までお願いいたします。

〒620-0055
京都府福知山市篠尾新町1-91

京都府福知山総合庁舎内
電話:0773-22-4901 Fax:0773-23-8242

E-mail:chushin-no-nishi-nokai@pref.kyoto.lg.jp


【その他 就農・農業・農林業振興に関するお問い合わせ】
〒620-8501
京都府福知山市字内記13番地の1

福知山市産業政策部
農林業振興課
電話:0773-24-7044 Fax:0773-23-6537
E-mail:noushin@city.fukuchiyama.lg.jp
(市役所4階 受付時間:平日午前8時30分~午後5時15分まで)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?