ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林業振興課 > 福知山市鳥獣被害防止計画鳥獣被害防止計画政

本文

福知山市鳥獣被害防止計画鳥獣被害防止計画政

印刷用福知山市鳥獣被害防止計画[PDFファイル/372KB]

福知山市鳥獣被害防止計画(平成26年度変更計画作成)

対象鳥獣の種類、被害防止計画の期間及び対象地域 

対象鳥獣

ニホンジカ、イノシシ、アライグマ
アナグマ、ヌートリア、タヌキ、ハクビシン
ニホンザル、カラス

計画期間

平成26年度~平成28年度

対象地域

京都府福知山市全域

鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止に関する基本的な方針

被害の現状(平成25年度)

鳥獣の種類

被害の現状

品目

被害金額(万円)

被害面積(ha)

ニホンジカ

水稲、豆類、麦類、いも類、野菜、果樹、工芸作物

2,742

29.3

イノシシ

水稲、豆類、麦類、いも類、野菜、果樹、工芸作物

2,389

21.2

アライグマ

野菜、果樹

175 

0.96

アナグマ

野菜、豆類

285

0.58

アナグマ
タヌキ
ハクビシン

野菜、豆類、果樹

138

0.69

ヌートリア

水稲、豆類、野菜、いも類

136

0.55

ニホンザル

水稲、野菜、果樹、いも類

56

0.65

カラス

野菜、果樹、豆類

198

0.75

被害の傾向

 市域の約76%が森林であり、山際に多くの農地が隣接していることから、全域で野生鳥獣による農林作物への被害が発生しており、市として捕獲と防除の両面で継続した対策を進めている。
 主な鳥獣の被害の傾向は次のとおり。

イノシシ

 市内の全域に生息し、生育期から収穫期の期間に頻繁に出没し、継続して水稲、豆類、野菜などの農作物や農業用施設への被害が発生している。特に市域の東部に位置する六人部、三和地域などで多くの被害が見られる。

ホンジカ

 近年、生息区域の拡大と共に生息数も急激に増加し、これに伴い市内全域で農作物等への被害が発生している。
被害は、播種期から収穫期まで年間通して発生しており、また、植林をしても枝葉や樹の食害により、苗が枯損し、正常に生育できないなど、農作物被害だけでなく、森林被害も各地で見られる。

アライグマ

 平成15年ごろから急激に生息数が増加しており、平成21年度には有害鳥獣捕獲として213頭の捕獲があったが、それ以降捕獲頭数は、減少傾向にある。
 被害については、農作物被害にとどまらず、家屋への侵入等による生活環境被害も多発している。
 特に、市街地で生活環境被害が多発しているほか、果樹等の農作物被害も、春先から秋まで多く発生している。

アナグマ・タヌキ・ハクビシン

 市内の全域で年間通して豆類、野菜等の農作物への被害が発生しており、ハクビシンについては、近年被害が増加している。

ヌートリア

 川筋及びため池周辺等を中心に出没し、農作物被害の他、土手や畦の斜面に穴を掘るなどの被害が発生してい

ホンザル

 平成25年度に夏前から秋にかけて三和地域において、50頭から60頭の群れが出没し、野菜などへの被害が発生している。
 他の地域では、散発的に2頭から7頭の出没により農作物被害が増加している。

カラス

 年間通じて出没し、野菜等に被害が発生している。夜久野地域、大江地域で生息数が多く、騒音や糞による生活環境被害も発生している。

被害の軽減目標

総額

指標

現状値(平成25年度)

目標値(平成28年度)

面積

53.7ヘクタール

37ヘクタール

金額

5,944万円

4,160万円

ニホンジカ

指標

現状値(平成25年度)

目標値(平成28年度)

面積

29.3ヘクタール

20ヘクタール

金額

2,742万円

1,919万円

イノシシ

指標

現状値(平成25年度)

目標値(平成28年度)

面積

21.2ヘクタール

14ヘクタール

金額

2,389万円

1,672万円

アライグマ

指標

現状値(平成25年度)

目標値(平成28年度)

面積

0.6ヘクタール

0.4クタール

金額

285万円

199万円

アナグマ・タヌキ・ハクビシン

指標

現状値(平成25年度)

目標値(平成28年度)

面積

0.7ヘクタール

0.4ヘクタール

金額

138万円

96万円

ヌートリア

指標

現状値(平成25年度)

目標値(平成28年度)

面積

0.6ヘクタール

0.4ヘクタール

金額

136万円

95万円 

ニホンザル

指標

現状値(平成25年度)

目標値(平成28年度)

面積

0.7ヘクタール

0.4ヘクタール

金額

56万円

39万円

カラス

指標

現状値(平成25年度)

目標値(平成28年度)

面積

0.8ヘクタール

0.5ヘクタール

金額

198万円

138万円

従来講じてきた被害防止対策

 

従来講じてきた被害防止対策

課題

捕獲等に関する取組

ニホンジカ、イノシシ等の被害増に対応するため、次の取組を行う中で駆除隊による重点的な捕獲を実施してきた。

〔捕獲体制整備〕

  • 高齢化対策の駆除隊員育成
  • 甚大な被害地での一斉捕獲の実施。
  • 駆除隊の捕獲活動に対する支援
  • ライトセンサスによるニホンジカ等の生息調査の実施

〔捕獲機材の導入〕

  • ニホンジカ・イノシシ用捕獲柵設置
    に対する助成、檻の購入
    柵6基、檻69基
  • アライグマ捕獲檻の購入檻9基

〔捕獲鳥獣の処理方法〕

  • 埋設、処理場での焼却及び利活用

  

  • ニホンジカ等の重点的な捕獲
  • 捕獲頭数増に対応するための処分体制の確立
  • 広域的な捕獲活動の実施

防護柵の設置等に関する取組

〔侵入防止柵の設置〕

  • 過去3ヵ年で289.6kmの侵入防止
  • 柵の設置
  • 集落の防除計画に基づく計画的な侵入防止柵の設置
  • 効果的な柵の設置・管理の徹底
生息地管理に関する取組

〔緩衝帯の設置等〕

  • 人と野生鳥獣の共生を図るためモデル地区を設定しバッファゾーン整備等の事業実施。
  • 奥山での実のなる木等の植栽等
  • 市民へ回覧文書等で、放任果樹(柿等)の除去を呼びかけ。
  • 整備後の地元でのゾーン継続

農地の維持保全に関する取組

  • 中山間地域等直接支払交付金要領や農地・水・環境保全向上対策実施要領の協定に基づき、耕作放棄地の防止等の活動や農地の適切な維持及び保全に取り組んできた。
  • 高齢化による活動力低下

今後の取組方針

 これまで捕獲と防除の両面を基本として対策を進めており、今後も継続し対策を進めるが、事業実施に当たり、被害が発生している地域での出没原因や集落環境等状況に応じた的確で効果的な対策を進めるため、地域、行政、駆除隊等が連携を図り、「被害のない集落づくり」を進める。

 捕獲については、狩猟者、農区等の協力のもと、継続した捕獲活動を実施していくための組織体制の確立をめざす。また、兵庫県と船井の隣接市町との連携した広域捕獲を進める。

 侵入防止柵の設置については、地域での被害のない集落づくりを目指した計画等にもとづき設置を進めるとともに、Ictを用いた捕獲柵等を設置し、捕獲の促進をするなど一体的に整備を進める。

 また、里山の整備や広葉樹の植栽などの森林整備を進め、人と野生鳥獣の共生が図れる、集落環境づくりをめざす。

対象鳥獣の捕獲等に関する事項

対象鳥獣の捕獲体制

 有害鳥獣の捕獲については、地域の実態を把握している地域の狩猟者、農区等の協力の下、「有害鳥獣駆除隊」(以下「駆除隊」)を組織し対策を進める。
 あわせて「鳥獣被害対策実施隊」を組織して、機動的、効果的な捕獲に努める。 

有害鳥獣駆除隊について
  • 隊員は、有害鳥獣の捕獲に意欲と技量を持った者で構成する。
  • 休日等限定した期間のみの活動参加しかできない場合も、幅広く参加を認めていく。
  • 駆除隊は、市長の依頼に基づき捕獲活動にあたるものとする。
狩猟免許取得支援について
  • 免許取得時の負担軽減をし、駆除隊参加者の増加を促進する。
 実施隊について
  • 平成23年度に特措法に基づく市職員による実施隊を設置。
  • 有害鳥獣駆除活動の強化を図るため、特措法に基づく捕獲を目的とした実施隊を平成26年中に設置する。

その他捕獲に関する取組

年度

対象鳥獣

取組内容

平成26年度

  • ニホンジカ
  • イノシシ
  • 被害多発地域への捕獲柵等の設置。
  • 鳥獣を捕獲する担い手を育成するため、免許取得者への支援を行う。
  • ライトセンサスによるニホンジカの生息調査の実施。
  • 広域捕獲による府県境の鳥獣捕獲。
  • 狩猟期におけるニホンジカの重点捕獲。

平成27年度

  • ニホンジカ
  • イノシシ
  • 被害多発地域への捕獲柵等の設置。
  • 鳥獣を捕獲する担い手を育成するため、免許取者への支援を行う。
  • ライトセンサスによるニホンジカの生息調査の実施。
  • 広域捕獲による府県境の鳥獣捕獲。
  • 狩猟期におけるニホンジカの重点捕獲。

平成28年度

  • ニホンジカ
  • イノシシ
  • 被害多発地域への捕獲柵等の設置。
  • 鳥獣を捕獲する担い手を育成するため、免許取得者への支援を行う。
  • ライトセンサスによるニホンジカの生息調査の実施。
  • 広域捕獲による府県境の鳥獣捕獲。
  • 狩猟期におけるニホンジカの重点捕獲。

対象鳥獣の捕獲計画

捕獲計画数等の設定の考え方
ニホンジカ

 生息範囲の拡大及び生息密度の増加のもと捕獲頭数は、平成24年度で2,899頭であった。捕獲数を減少させた場合、生息密度の高い地域が広がると見込まれることから、継続して捕獲を行う必要がある。

 特に生息密度の高い地域、今後生息密度が高まると思われると地域については、重点的な捕獲を行い生息数の減少を図る必要がある。

 また、狩猟期においても、積極的な捕獲を実施する必要がある。

イノシシ

 市内全域に生息し、農作物及び農業用施設への被害が発生している。平成23度で638頭、平成24年度で587頭と毎年継続した捕獲を行っているが、毎年大きな被害を引き起こしている。また、平成25年度においては、1,102頭の捕獲があり、被害の多発地域では重点的に捕獲を行う必要がある。

アライグマ

 農作物被害とあわせ家屋侵入による生活環境被害が市街地を中心に発生しており、平成23年度で86頭、平成24年度で61頭の捕獲を行っている。平成21年度の213頭の捕獲をピークに捕獲数は減少しているが、繁殖力が強いことなどから徹底した捕獲が必要となっている。

アナグマ・ヌートリア・タヌキ・ハクビシン

 農作物全般に被害を引き起こしており、狩猟期間ではあまり捕獲されない獣であることから、被害発生地での的確な捕獲を行うなど、継続して捕獲を行う必要がある。

ニホンザル

 平成25年度に三和地域で、50頭以上の群れが出没し農作物の被害が発生しており、継続し出没しないよう追い払いも含め銃器での捕獲を行う必要がある。さらに、散発的に数頭が出没する地域については、爆竹などを使用した追っ払いを自治会等の協力で行う。
 また、恒常的に群れで出没し被害が発生する場合は、檻での捕獲が必要となる。

カラス

 捕獲実績としては、平成24年度で3羽と大きな数ではないが、拠点的に被害が発生しており、被害地での檻や銃器による重点的な捕獲を行う必要がある。

対象鳥獣

捕獲計画数等

26年度

27年度

28年度

ニホンジカ

4000

4000

4000

イノシシ

800

800

800

アライグマ

150

150

150

アナグマ

200

200

200

ヌートリア

60

60

60

タヌキ

70

70

70

ハクビシン 50 50 50

ニホンザル

10

10

10

カラス

50

50

50

捕獲等の取組内容

 捕獲計画に基づき次のとおり捕獲を実施する。

実施時期は、4月初旬から11月の猟期前まで及び3月の猟期後とし、銃器においては1ヶ月、くくりわな、捕獲柵等については、3ヶ月の単位で捕獲許可を出し捕獲を行う。

ニホンジカ

 市内全域において、銃器、くくりわな、捕獲柵等による捕獲を実施する。

イノシシ

 市内全域において、銃器、くくりわな、捕獲柵等による捕獲を実施する。

アライグマ

 外来生物法に基づく、「アライグマ防除実施計画書」に基づき、市内全域において、捕獲檻(箱わな)、くくりわなによる捕獲を実施する。捕獲は、果樹等の栽培地、被害を受けている家屋周辺を重点的に行う。

アナグマ・ヌートリア・タヌキ・ハクビシンン

 市内全域において、捕獲檻(箱わな)、くくりわなによる捕獲を実施する。

ニホンザル

 銃器、捕獲檻において捕獲を実施する。
 ニホンザルの群れが出没した場合は、爆竹や銃器等による追い払い及び捕獲活動を実施する。

カラス

 銃器(散弾銃、空気銃)によるほか、捕獲檻において捕獲を実施する。
夜久野、大江地域等において重点的に実施する。

捕獲許可の権限委譲

有害鳥獣を指定し、捕獲するための許可をしている。

銃による捕獲許可

大型獣は銃による捕獲許可カラスは空気銃による捕獲許可

わなによる捕獲許可

大型獣、小型獣に対して捕獲許可

許可対象鳥獣名

ニホンジカ、イノシシ、アライグマ、アナグマ、ヌートリア、タヌキ、ハクビシン、カラス、ニホンザル

防護柵の設置その他の対象鳥獣の捕獲以外の被害防止施策に関する事項

侵入防止柵の整備計画

対象鳥獣

整備内容

26年度

27年度

28年度

ニホンジカ 

イノシシ

  • 気柵32,000m
  • 金網フェンス38,000m
  • メッシュ柵129,000m
  • 計199,000m
  • 電気柵13,000m
  • 金網フェンス15,000m
  • メッシュ柵
  • 計28,000m
  • 電気柵13,000m
  • 金網フェンス15,000m
  • メッシュ柵
  • 計28,000m

その他被害防止に関する取組

年度

対象鳥獣

取組内容

平成26年度

  • ニホンジカ
  • イノシシ
  • バッファゾーン整備、奥山への実のなる木の植栽等
  • 防除・捕獲体制の検討
  • 被害のない集落づくり

被害多発地域での住民参加による被害対策の検討、研修会の企画、実施等

平成27年度

  • ニホンジカ
  • イノシシ
  • バッファゾーン整備、奥山への実のなる木の植栽等
  • 防除・捕獲体制の検討
  • 被害のない集落づくり

被害多発地域での住民参加による被害対策の検討、研修会の企画、実施等

平成28年度

  • ニホンジカ
  • イノシシ
  • バッファゾーン整備、奥山への実のなる木の植栽等
  • 防除・捕獲体制の検討
  • 被害のない集落づくり

被害多発地域での住民参加による被害対策の検討、研修会の企画、実施等

被害防止施策の実施体制に関する事項

被害防止対策協議会に関する事項

被害対策協議会の名称

福知山市有害鳥獣対策協議会

構成機関の名称

役割

福知山市内自治会

生活環境被害の情報提供、住民への周知

福知山市内農区

農作物被害の情報提供

京都府中丹広域振興局

諸制度の情報提供、府関係機関との調整

京都府中丹西農業改良普及センター

防除対策についての助言

福知山市農業委員会

農家、集落、被害実態の情報提供

福知山地方森林組合

森林被害状況の情報提供

京都農業協同組組合

農作物被害の情報提供

京都丹の国農業協同組合

福知山支部猟友会

鳥獣の生息状況、捕獲実態の情報提供

三和支部猟友会

京都府緑の指導員

野性鳥獣保護と駆除についての情報提供

福知山動物園園長

動物の生態についての助言

福知山市

協議会運営、事務局

関係機関に関する事項

関係機関の名称

役割

  • 京都府農林水産技術センター
  • 農林センター
  • 被害対策助言

その他被害防止施策の実施体制に関する事項

 被害発生地域での総合的な対策を進めるため、地域で協議を行う際に、専門家による助言等が必要であり、「対策班」の組織化を図る。

捕獲等をした対象鳥獣の処理に関する事項

 駆除隊により捕獲等をした対象鳥獣の埋設処理については、特にニホンジカ、イノシシの捕獲頭数が多く、すべてを埋設することは環境衛生的にも問題である。
 このため、中丹管内3市の共同施設として、専用の焼却施設を建設し、焼却等による処分がより効率的に実施できるよう整備を図る。
 また、民間が実施する捕獲したニホンジカ、イノシシの食肉等での有効活用については、情報提供等の支援を行う。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)