ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 人生の出来事 > 病気・けが > 65歳から69歳を対象とした医療費助成について

本文

65歳から69歳を対象とした医療費助成について

概要

65歳から69歳の人の医療に係る経済的な負担を軽減し健康の保持増進を図ることを目的に医療費の一部を助成する制度です。

病気やけがで診療を受けるとき、被保険者証と福祉医療(老)受給者証を医療機関等の窓口で提示すすることでお支払いただく自己負担金が軽減されます。

申請日の属する月の1日から適用になります。

対象者

1 自宅で半年以上寝たきりの人 [所得制限があります]

2 一人くらしの人 [所得制限があります]

3 世帯全員が60歳以上の人(世帯員がおられてもその人が18歳未満または身体障害者手帳1級から4級をお持ちの場合は対象になります) [所得制限があります]

4 所得税非課税世帯の人

※生年月日が昭和25年8月2日以降の人は「所得税非課税世帯の人」のみが対象となります。

請に必要なもの

1 申請される人の被保険者証

2 印鑑

3 世帯全員のマイナンバーが確認できるもの(マイナンバーカードまたは、通知カード)

4 本人確認書類(⑴・⑵のうちいずれか)

 ⑴ 顔写真つき証明書(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート など)

 ⑵ 顔写真のない証明書2種類以上(健康保険証、年金手帳 など)

 ※ 代理で手続きをされる場合は、代理人の本人確認ができる書類が必要です。

 ※ 福知山市に転入された人は、家族全員の前住所地での所得課税証明書が必要です。

 

 

 


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?