ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 高齢者福祉課 > 第32回全国健康福祉祭和歌山大会(ねんりんピック紀の国わかやま2019)への福知山市選手団の激励会を開催します

本文

第32回全国健康福祉祭和歌山大会(ねんりんピック紀の国わかやま2019)への福知山市選手団の激励会を開催します

下記のとおり「ねんりんピック紀の国わかやま2019」に本市から出場される選手の皆さんの激励会を開催します。

日時

令和元年11月5日(火曜日)午後1時30分から

場所

福知山市役所6階(601会議室)

出場者

19名(出場者名簿 [Excelファイル/12KB]

全国健康福祉祭

健康・福祉に関する積極的かつ総合的な普及啓発活動の展開を通じ、高齢者を中心とする国民の健康保持・増進、社会参加、生きがいの高揚等を図り、ふれあいと活力のある長寿社会の形成に寄与するため、昭和63年から毎年開催(平成5年の第6回は京都で開催)されている。

第32回全国健康福祉祭和歌山大会(ねんりんピック紀の国わかやま2019の概要)

会期

令和元年11月9日(土曜日)から12日(火曜日)の4日間

開催県

和歌山県

参加予定人員

延べ40万人(観客含む)

内容

スポーツ交流大会(卓球、テニスなど10種目)

ふれあいスポーツ交流大会(水泳、グランドゴルフなど12種目)

文化交流大会(囲碁、将棋など5種目)

美術展(絵画、彫刻、写真など6部門)

主催

厚生労働省、和歌山県、一般社団法人長寿社会開発センター

共催

スポーツ庁

京都選手団の構成

団長

公益財団法人京都SKYセンター理事長 小田垣 勉(おだがき つとむ)

選手

125名(男性75名、女性50名) ※監督含む

平均年齢

69.1才

選考方法

60歳以上の高齢者(原則として京都市在住者を除く。京都市は別途選手団を派遣)を対象に、各種目予選会の実施等により選出

 


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?