ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

自立支援医療

更生医療

 身体に障害のある人で18歳以上の人が対象。身体の機能障害を除去または軽減し、日常生活や職業生活に適応するように改善する治療(角膜手術、関節形成手術、血液透析療法、心臓手術など)を知事指定医療機関で受けた場合に医療費が給付されます。

申請書類

  • 自立支援医療申請書
  • 自立支援医療意見書
  • 医療費概算内訳書
  • 健康保険証の写し
  • 特定疾病療養受療証(人工透析治療など特定の疾病に関する医療の場合のみ)
  • 支給認定に係る同意書
  • マイナンバー(個人番号)のわかるもの、本人確認書類

本人確認のために必要なものについては、こちらをご覧ください
家庭支援総合センターにおいて判定審査が行われます。

育成医療

 身体に機能障害があったり、病気を放置すると障害を残す可能性のある18歳未満の児童が、必要な医療を指定医療機関で受ける場合に医療費が給付されます。

申請書類

  1. 自立支援医療費(育成医療)申請書
  2. 自立支援医療(育成医療)意見書
  3. 健康保険証の写し
  4. 所得状況調査同意書
  5. マイナンバー(個人番号)のわかるもの、本人確認書類

( 本人確認のために必要なものについては、こちらをご覧ください
事前の申請が原則です。

精神障害者通院医療費の公費負担制度

 精神保健福祉法第5条に規定する統合失調症、精神作用物質による急性中毒またはその依存症、知的障害、精神病質、その他の精神疾患を有する人で、通院による精神医療を継続的に要する程度の病状にある人が対象となります。

申請書類

  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
  • 診断書
  • 健康保険証の写し
  • 支給認定に係る同意書
  • マイナンバー(個人番号)のわかるもの、本人確認書類

本人確認のために必要なものについては、こちらをご覧ください
認定は、京都府精神保健福祉総合センターで行います。

自己負担

  • 通院により、精神疾患の治療の原則1割が自己負担です。
  • ただし、受給者が属する世帯の市町村民税額に応じて負担軽減措置(月額負担上限額の設定)があります。
  • 市役所 Tel.0773-22-6111(代表)
  • 三和支所 Tel.0773-58-3001(代表)
  • 夜久野支所 Tel.0773-37-1101(代表)
  • 大江支所 Tel.0773-56-1101(代表)