ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 資産活用課 > 廃校の活用アイデアをAIと考える「地域アイデアワークショップ」

本文

廃校の活用アイデアをAIと考える「地域アイデアワークショップ」

廃校リノベーションバージョンアッププログラム第2弾

廃校の活用アイデアをAIと考える
「地域アイデアワークショップ」を開催≪一部変更≫

京都府福知山市は、少子化等により統廃合が進む小学校の利活用を進める目的で、IT企業のTIS株式会社と株式会社博報堂が共同開発した発想支援クラウドサービス「AIブレストスパーク」を利用し、AIと廃校の活用アイデアを考える全国初のワークショップを11月1日(月曜日)に旧天津小学校で開催します。
それに伴い、金融機関職員、福知山市職員とともに参加する、廃校への進出可能性のある事業者を募集します。

本ワークショップは、2021年7月開催「福知山廃校マッチングバスツアー」に続く、京都銀行、京都北都信用金庫との連携による廃校活用の連続事業「廃校リノベーションバージョンアッププログラム」の第2弾です。

AIブレストスパーク画像

AIブレストスパークとは?

「AIブレストスパーク」とは、株式会社博報堂支援のもと東証一部上場のIT企業であるTIS株式会社が2019年に開発した、発想支援クラウドサービスです。博報堂が実践しているアイデアを生み出すコツをAI(人工知能)に搭載したもので、誰もがそのノウハウを実践できるように設計されており、「言葉をランダムに結合して新しい概念を無数に生成する」「他人アタマで考える」などの機能があります。

概要 -地域アイデアワークショップ-

名称

「地域アイデアワークショップ」

テーマ

福知山の魅力を発見し、その魅力を高めるためのアイデアを、廃校活用に向けて自由に考える。

日時

2021年11月1日 (月曜日) 10時00分~18時00分

会場

旧天津小学校 (福知山市上天津1790-1)

参加者

廃校への進出可能性のある事業者、金融機関 職員、福知山市 職員

プログラム

10時00分~
10時30分

オリエンテーション

10時30分~
11時00分

福知山市の魅力共有(福知山市からの説明20分+質疑)

11時00分~
12時00分

正解がないときの発想法と練習(座学とミニ演習)

12時00分~
12時30分

AIブレストスパークの紹介

12時30分~
13時30分
~昼食~
13時30分~
14時40分
AIブレストスパークを活用した発想練習(グループワーク)
14時40分~
16時20分
廃校活用に向けたアイデアワーク(個人ワーク、グループワーク)
16時20分~
17時30分
アイデアグループ発表・フィードバック

17時30分~
18時00分

振り返り

ファシリテーター

株式会社博報堂、TIS株式会社、株式会社そもそも

主催

福知山市、株式会社京都銀行

協力

京都北都信用金庫

参加企業募集 -地域アイデアワークショップ-

【対  象 者】 廃校等への進出可能性のある企業

【参加条件】プログラムすべてに参加できること

【定   員】 15名(先着順)               

【参  加  費】無料

【申込方法】 2021年10月25日(月曜日)までに、Email([email protected])または
                 Fax(075-371-9307)にて「京都銀行 公務・地域連携部」までお申し込みください。

地域アイデアワークショップ ちらし [PDFファイル/633KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?