ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 経営戦略課 > 行政評価(平成23年)

本文

行政評価(平成23年)

福知山市行政評価(平成23年度決算に基づく事務事業評価)結果を公表します。

行政評価とは

行政評価とは

 行政評価とは、行政サービス(活動)が主に市民に対しどのように成果をあげたのかという視点から客観的に評価し、その評価結果を行政サービス(活動)の向上に反映させるとともに、市民に分かりやすく説明することによって、市民の満足度を高めるための手法です。
 「最小の経費で最大の効果を挙げる」効率的な行政運営を目指す仕組みとして、全国の自治体で取り組みが進められています。

行政評価の分類

 行政評価は、評価の階層によって分類されます。
階層別の分類

  • 政策評価:市政の方向を示す政策や政策を構成する施策を大局的な視点から評価します。
  • 施策評価:政策目的を達成するための手段としての施策の有効性、また、施策を構成する事務事業が適合しているかを評価します。
  • 事務事業評価:施策目的を達成するための具体的な手段である事務事業を評価します。

行政評価の分類の画像

福知山市の行政評価の目的 

 福知山市では平成20年度から行政評価制度を試行してきました。
 第4次総合計画後期計画や第5次行政改革の計画期間の開始年度にあたる平成24年度より、行政評価制度を市の施策推進方針や予算編成に反映させる総合的な行政マネジメントシステムとして運用させることとし、全庁的に実施した本年度の取り組み結果について、市の行政市民の皆さまに公表します。

事務事業評価について

 平成24年度は行政評価制度の各階層のうち、施策目的を達成するための具体的な手段である事務事業について評価を行う「事務事業評価」を実施しました。平成23年度実績に基づき“何がどこまでできたのか”という視点で評価した「事後評価」の形としました。 

評価対象事業

 事務事業評価の対象事業は、企業会計部門(ガス水道部及び市民病院)を除いた市のすべての部署の予算事業(一般会計及び特別会計)としています。
  なお、各部署が実施している事業のうち、一般管理的な事業(管理的経費)や公債費などの義務的・定例的な事業については評価対象外としています。
  また、実際の予算執行の段階では細分化されている「予算事業」について、目的や位置付けが同一の事業をまとめて「計画事業」として標記して、一つの「事務事業」として整理を行いました。
  今回は一般会計及び特別会計で全674事業の評価結果を公表します。

評価方法について

 評価方法は、事務事業の担当部署による自己評価(一次評価)により実施しています。
それぞれの事務事業について、事業目的や内容、その結果である「活動実績(活動指標)」や「成果実績(成果指標)」を具体的な数値を用いて明らかにし、事業の必要性、有効性、効率性など観点から検証を踏まえ、「今後の事業推進の方向性」について事業担当課による総合評価を行う形式にしています。
※事務事業ごとにシートを作成しています。表の見かたについては こちらをご覧ください。[PDFファイル/357KB]

評価の分類

「今後の事業推進の方向性」にもとづく評価の分類は以下のとおりとしています。 

  1. 現状維持
  2. 改善(事業の進め方等に改善が必要)
  3. 拡充(事業の統合、規模内容、実施主体の見直しが必要)
  4. 縮小・休廃止(事業の抜本的な見直し、民営化、休廃止の検討が必要)

評価結果について

 674事業の評価の分類は以下のとおりとなっています。
全体の約4割の事業において改善や見直しの余地があると評価しています。 

評価事業


(現状維持)


(改善)

C
(拡充)


(縮小・休廃止)

674事業

404事業

160事業

49事業

61事業

構成比

60%

24%

7%

9%

今後の取り組みについて

 今後は、この結果をふまえて、総合計画に掲げた施策目標の達成に向け、効率的・効果的な事業推進を図るため、次年度以降のそれぞれの事業を推進するなかで課題や改善点を図ることとします。
  この事務事業評価を今後も毎年度継続的に実施することで、市民満足度の高い行政サービスの提供と、財政状況の改善をはじめ効率的な組織運営や職員の成果・コスト意識の向上など、改革・改善を図ります。
  なお、今回の評価は市の事業担当課による「自己評価」により行いましたが、現在市ではこの行政評価の取り組みをさらに一歩進めて、市民参加による客観的な評価を行う。
 「市民参加型行政評価システム【公開事業レビュー】」について、平成25年2月の模擬実施に向けて準備を進めています。
  こうした市民協働による取り組みによる制度の充実を図り、行政評価制度を行政運営の中核ツールとして機能させ、「行政マネジメント」を実践していくこととします。 

事務事業評価の詳細

 評価結果の詳細は次のとおりです。

各部別事業評価結果

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)