ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 入札・契約 > 旧公誠小学校及び旧北陵中学校活用事業(優先交渉権者選定結果)

本文

旧公誠小学校及び旧北陵中学校活用事業(優先交渉権者選定結果)

ページID:0041698 更新日:2021年12月22日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

旧公誠小学校及び旧北陵中学校活用事業
公募型プロポーザル方式による優先交渉権者選定結果等の公表

 令和3年12月13日に旧公誠小学校及び旧北陵中学校活用事業に関して、外部有識者からの意見聴取を
ふまえ、公募型プロポーザル候補者選定会議を開催しました。
その結果、以下のとおり優先交渉権者を選定しましたので、その概要等について公表します。

優先交渉権者選定結果の概要

 担当課名:財務部資産活用課

 案件名称:旧公誠小学校及び旧北陵中学校活用事業

優先交渉権者等

 優先交渉権者:株式会社 数理

 総合点:79.96点 (100点満点中)

 参加者:1者

優先交渉権者の選定理由

 外部有識者の評価は、全項目において高いものであった。その中でも「明確かつ適切な応募動機があり、活用意欲が高く、旧施設を効率的・効果的に生かした提案である。」「事業内容及び目的に関する経験・知識が十分にあり事業計画やスケジュールは具体的で実現可能な提案である。」という項目で特に高い評価を得たため、優先交渉権者として選定した。

外部有識者名

 所属及び役職名等

 氏  名

 北陵地域公民館 館長

 西田 好孝

 福知山公立大学 准教授

 杉岡 秀紀

 税理士

 藤原 健

 資料
 優先交渉権者選定結果等の公表 [PDFファイル/97KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


電子入札システム

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?