ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 入札・契約 > 旧佐賀小学校活用事業(優先交渉権者選定結果)

本文

旧佐賀小学校活用事業(優先交渉権者選定結果)

旧佐賀小学校活用事業公募型プロポーザル方式による
優先交渉権者選定結果等の公表

 令和3年2月4日に旧佐賀小学校活用事業に関して、外部有識者からの意見聴取をふまえ、
公募型プロポーザル候補者選定会議を開催しました。
その結果、以下のとおり優先交渉権者を選定しましたので、その概要等について公表します。

優先交渉権者選定結果の概要

 担当課名:財務部資産活用課

 案件名称:旧佐賀小学校活用事業

優先交渉権者等

 優先交渉権者:株式会社 足立音衛門

 総合点:83.63点 (100点満点中)

 参加者:1者

優先交渉権者の選定理由

 外部有識者の評価では、周辺環境との調和、地域コミュニティ活動等への配慮や提案内容の実現性、地域住民にとっての優先度等の項目において高い評価を得た。
 また、業務実施面においても、地域に開かれながらも地域外からも人が集まるような施設の活用計画や地域特性等に応じた課題発生時の対応に関する項目で高い評価を得たため、優先交渉権者として選定した。

外部有識者名

 所属及び役職名等

 氏  名

 佐賀地区計画策定委員会 委員長

 松本 卓治

 福知山公立大学 地域経営学部 准教授

 杉岡 秀紀

 公認会計士・税理士

 細見 祐介

 資料
 優先交渉権者選定結果等の公表 [PDF/99KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


電子入札システム

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?