ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

形成外科

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

*知りたい内容をクリックしてください。

特色 / 診療内容 / 治療成績 / 今後の方針 / 学会学術活動 / 週間診療予定表 / 担当医師

National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について [PDFファイル/18KB](平成29年1月より)

特色

京都府北部の中核病院として顔面や四肢の外傷・難治性創傷に対応しています。
また、他科と連携して腫瘍切除等による組織欠損の再建を行います。皮膚悪性腫瘍の中でも再建術を要するものについては、当科で治療を行っています。
手術後の目立つ傷あとや外傷後の醜形、ケロイドに対する治療も積極的に行っています。
顔面・指趾の先天異常については、京都府立医科大学附属病院と連携して治療にあたります。

診療内容

形成外科が対象とする疾患は、

  • 新鮮外傷、新鮮熱傷
  • 顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷
  • 唇裂・口蓋裂
  • 手、足の先天異常、外傷
  • その他の先天異常
  • 母斑、血管腫、良性腫瘍
  • 悪性腫瘍およびそれに関連する再建
  • 瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド
  • 褥瘡、難治性潰瘍
  • その他(眼瞼下垂症、顔面神経麻痺など)

などです、それぞれの詳細は、日本形成外科学会のホームページをご覧ください。

http://www.jsprs.or.jp/general/disease/<外部リンク>

 

 当院では自費での美容外科診療は行っていませんので、ご了承ください。保険診療で可能な範囲に限定しての治療となります。また、レーザー機器は設置しておりません。

治療成績

 
NCD疾患大分類 手技数
(2018年)
外傷 17
先天性異常 6
腫瘍 153
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 26
難治性潰瘍 12
炎症・変性疾患 5
その他 1

今後の方針

地域に密着した、気軽に相談できる形成外科診療を目指しています。

最近の学会発表

  • 日本形成外科学会(恋水・中村)
  • 日本創傷外科学会(恋水・中村)
  • European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery (中村)
  • 日本生命倫理学会(恋水)
  • 日本ロボット学会(恋水)
  • World Association for Medical Law (恋水)
  • Society for Social Studies of Science(恋水)

担当医師

 
コイミズ ジュンゲン
恋水 諄源
(形成外科医長)
最終学歴 京都府立医科大学医学部 平成19年卒業
大阪大学大学院医学系研究科 平成31年修了
学位 医学博士
専門分野

創傷外科、再建外科

専門医・認定医 日本形成外科学会形成外科専門医
日本創傷外科学会専門医
日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会乳房再建用エキスパンダー / インプラント責任医師
診療についてモットー 何が可能で何が不可能か、治療による利益とリスクは何か。これらを明確にし、患者さんに納得していただいたうえで治療を行うことを心掛けています。
招聘医師
 中村 寛子 (ナカムラ ヒロコ)  形成外科

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内