ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 看護部 > 部署紹介 > 部署紹介(透析室)

本文

部署紹介(透析室)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年1月30日更新
<外部リンク>

3階病棟 / 4階南病棟 / 4階北病棟 / 5階南病棟 / 5階北病棟 / 6階南病棟 / 6階北病棟 / 7階病棟 / 一般外来 / 手術室 / 救急外来 / 透析室 / 救命救急病棟

透析室

当施設は、透析通院を受けるために通院している方だけでなく、他の病気で入院しながらも透析が必要となった方、帰省や旅行に合わせて臨時で透析を希望される方の受け入れも行っています。また、様々な理由により足の血流が悪くなる事で傷を作りやすく、月に1回以上、透析中に皮膚の状態を観察したり、予防ケアに努めています。

師長のコメント(水谷 真沙子 師長)

2018年度よりPNSを導入し「患者ファースト」をモットーにしています。                                    スタッフは少数精鋭で、日々協力しながら知識と技術に磨きをかけ、患者様が大切にするものを治療によってあきらめることなく、充実した人生を過ごして頂けるようサポートしています。                                             (夜勤がなく、子育て世代・介護世代にも働きやすい部署です)

透析室
38床(個室4床)あります。

看護師が患者様のフットチェックを行っている写真
毎月、フットチェックを行い、足病変の早期発見・予防に努めています。

シャント管理を行っている様子の写真
シャントは患者さんの命綱です。毎日、観察をして適切なシャント管理に努めています。

透析装置の作動点検を看護師と臨床工学技士のペアで行っている様子の写真                                                 透析開始直後の作業点検は看護師・臨床工学技士のペアで行います。(写真は透析開始時ではありません)

透析中の患者さんのモニタリングと透析機器の点検を行っている様子の写真                                                 透析中の患者さんのモニタリング・透析機器の点検は重要です。1つ1つ丁寧に確認しています。

透析室でのPNSの様子の写真1枚目 透析室でのPNSの様子の写真2枚目
透析室もPNSを導入しています。患者さんの生活や人生に寄り添った看護が出来るようペアで意見交換やアセスメントを行い、患者さんの支援をしています。

カンファレンスの様子の写真                                                 患者さんの情報共有や事例カンファレンスには医師・看護師・臨床工学技士が参加し、それぞれの専門性を発揮した意見交換をしています。


地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内