ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 看護部 > 部署紹介 > 部署紹介(6階北病棟)

本文

部署紹介(6階北病棟)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年12月7日更新
<外部リンク>

3階病棟 / 4階南病棟 / 4階北病棟 / 5階南病棟 / 5階北病棟 / 6階南病棟 / 6階北病棟 / 7階病棟 / 一般外来 / 手術室 / 救急外来 / 透析室 / 救命救急病棟

6階北病棟

診療科

主に循環器内科、血液内科

病床数

45床(うちクリーンルーム4床)
循環器内科・血液内科を主とし、急性期~終末期までの様々なステージの患者様が入院されています。45床のうち5床クリーンルームがあります。心臓カテーテル検査・経皮的冠動脈形成術・輸血・化学療法・幹細胞移植などが日々行われており、症状・検査・治療に対する精神的・身体的苦痛の緩和を図れるよう支援しています。

スタッフ

  • 計:33名(臨時看護師:5名)
  • 看護師男性:3名
  • 女性:30名
  • 介護福祉士:4名
  • 看護助手:2名

師長(山田真紀師長)

師長(山田真紀師長)

 両科とも長期にわたる治療、療養が必要であり、患者様一人一人の生活状況に合わせた関わりを大切にし、看護援助に取り組むようにしています。また、住み慣れた地域で生活ができるよう外来・地域との連携を重視し医師・医療ソーシャルワーカー(MSW)・薬剤師・理学療法士・外来看護師とカンファレンスを行っています。

 
ダブルチェック6R心臓リハビリテーション中、心臓リハビリ専門の理学療法士が患者さんへ説明し、歩行訓練を開始。
血液内科でもあり、輸血療法も多く、医師とのダブルチェック・看護師とのダブルチェック6Rも用いて確認し実施しています。
心臓リハビリテーション
心臓リハビリテーション中、心臓リハビリ専門の理学療法士が患者さんへ説明し、歩行訓練を開始。

 

 

 


地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内