ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報(情報集約ページ) > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内(令和4年度非課税世帯分)

本文

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内(令和4年度非課税世帯分)

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円の現金を支給します。

臨時特別給付金のご案内 [PDFファイル/841KB]

1 支給額

1世帯あたり10万円

2 支給方法

福知山市が確認書(または申請書)を受理した日から約2週間後を目途に指定された口座に振り込みます。

※書類に不備があった場合は、支給が遅れます。

3 手続き

(1)非課税世帯

ア 給付対象

基準日(令和4年6月1日)に本市に住民登録があり、かつ、世帯全員の令和4年度住民税(均等割)が非課税である世帯の世帯主。

※住民税が課税されている人の扶養親族等のみからなる世帯は除きます。

※既に令和3年度非課税世帯または家計急変世帯に対する臨時特別給付金を支給されている世帯は対象外です。

※基準日に福知山市にお住まいでなかった世帯へは、基準日にお住まいであった自治体から確認書が送付されます。

イ 手続方法

該当世帯に市から確認書を送付します。
内容を確認し、必要事項を記入の上、返送してください。

※確認書は8月9日以降、順次発送しています。

※確認書の内容に変更がない方は、オンラインでの手続きが可能です。

 

 ●オンライン手続はこちらから

https://www.shinsei.elg-front.jp/kyoto2/uketsuke/form.do?id=1642377589997<外部リンク>

オンライン申請QRコード

ウ 手続期限

確認書の送付日から3か月以内

(2)家計急変世帯

令和4年9月30日(金曜日)をもって申請受付は終了しました。

4 代理人について

御本人による確認書の返送や申請書の提出が困難な方は、代理人が行うことも可能です。

(1) 申請書の属する世帯の世帯構成者

(2) 法定代理人(親権者、未成年後見人、成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人および代理権付与の審判がなされた補助人)

(3) 親族その他の平素から申請受給対象者本人の身の周りの世話をしている方で市長が特に認める方

(4) 代理人申請には、代理人の本人確認書類(運転免許証の写し等)が必要です。

5 その他

(1) DV(ドメスティック・バイオレンス)等で避難中でも受給できる場合があります。詳しくは社会福祉課(電話0773-24-7087)に御連絡ください。

(2) 不正受給が明らかになった場合は、給付金を返還していただきます。また、不正受給をした者は、詐欺罪に問われ懲役10年以下の刑に処されることがあります。

(3) 自宅や職場などに国や都道府県、市の職員等をかたる不審な電話があった場合や、詐欺の疑いがある場合は、福知山市社会福祉課や福知山警察署に御相談ください。

6 問い合わせ先

・ 内閣府コールセンター     0120-526-145

・ 非課税世帯に関すること   社会福祉課 24-7087

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


事業者向け情報

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?