ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報(情報集約ページ) > 接種券の送付先変更・住所地以外でのワクチン接種について

本文

接種券の送付先変更・住所地以外でのワクチン接種について

接種券(クーポン券)の送付先変更について

接種券(クーポン券)は、住民票に登録している住所へお送りします。やむを得ない事情があり、住民票所在地でない住所への送付を希望される場合は、郵送または新型コロナウイルスワクチン接種特設窓口(ハピネスふくちやま3階会議室1)で申請書を提出してください。
原則、本人による申請が必要ですが、同意を受けた家族、成年後見人(注記)などによる申請も可能です。

提出日などによっては、変更できない場合があることをご了承ください。

注記:成年後見人の場合、成年後見登記制度に基づく登記事項証明書(発行日から6カ月以内のもの)の写しを添付

申請書類

提出先

  1. 窓口の場合
    新型コロナウイルスワクチン接種特設窓口(ハピネスふくちやま3階会議室1)へ提出
    5月12日(水曜日)開設
  2. 郵送の場合
    620-8501
    京都府福知山市内記13番地の1
    新型コロナウイルスワクチン接種対策チーム 宛

 

接種券(クーポン券)の再発行について

何らかの事情により接種券を紛失、滅失、破損等した場合など、再発行を希望される場合は、市への申請が必要になります。接種券の再発行申請ができる場合は以下のとおりです。

  • 接種券を紛失、滅失、破損等した場合
  • 接種券が届かない場合
  • 住民票及び戸籍に記載がない場合
  • 予診のみ券を2回使った場合
  • その他接種券の発行が必要であると市町村長が認める場合

申請書類

提出先

  1. 窓口の場合
    新型コロナウイルスワクチン接種特設窓口(ハピネスふくちやま3階会議室1)へ提出
    5月12日(水曜日)開設
  2. 郵送の場合
    620-8501
    京都府福知山市内記13番地の1
    新型コロナウイルスワクチン接種対策チーム 宛

 

住民票所在地以外での接種について

ワクチン接種は、原則、住民票上の住所地で受けることとなっています。ただし、次のような事情がある場合、住民票上の住所地以外で受けることができます。手続きには、実際に接種を受ける市区町村に申請する必要があります。

  • 入院・入所者
  • 単身赴任者
  • ドメスティック・バイオレンスや虐待、ストーカー行為などの被害者
  • 基礎疾患を持つ方が主治医のもとで接種する場合
  • 災害による被害にあった方
  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • 拘留または留置されている方、受刑者

申請書類

 申請が受理された場合は「住所地外接種届出済証」を交付します。接種当日に必要となるため、忘れずにお持ちください。

提出先

  1. 窓口の場合
    新型コロナウイルスワクチン接種特設窓口(ハピネスふくちやま3階会議室1)へ提出
    5月12日(水曜日)開設
  2. 郵送の場合
    620-8501
    京都府福知山市内記13番地の1
    新型コロナウイルスワクチン接種対策チーム 宛

市町村への届出を省略できる場合があります

上記対象者のうち、次の方は市町村への届出を省略できます。

  • 入院・施設入所者
  • 基礎疾患を持つ方が主治医のもとで接種する場合
  • 災害による被害にあった方
  • 拘留または留置されている方、受刑者 など

 

特設窓口で各種申請を受け付けています

5月12日より、ワクチンの各種申請やお問合せなどを受け付ける特設窓口を、ハピネスふくちやまに開設します。

開設日

令和3年5月12日(水曜日)
午前9時から午後5時まで(月曜日~金曜日・祝日を除く)

場所

ハピネスふくちやま3 階 会議室1(市役所西隣)

窓口は混雑することが予想されるため、整理番号制にし、部屋に入りきれない方々は、一度退出いただきます。感染拡大防止策に御理解・御協力いただきますようお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


事業者向け情報

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?