ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報(情報集約ページ) > 京都府緊急事態措置協力金の支給について

本文

京都府緊急事態措置協力金の支給について

京都府内にある飲食店等に対し、営業時間の短縮要請が行われました

時短要請にご協力いただいた事業者の皆様に対して、「京都府緊急事態措置協力金」が京都府より支給されます

対象施設

【飲 食 店】飲食店、喫茶店等(宅配・テイクアウトサービスを除く)

【遊興施設等】バー、カラオケボックス等で、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗

支給要件

次のいずれにも該当する事業主

(1)京都府内に対象施設(店舗)を有すること

(2)府の要請期間中、定休日等の店休日を除くすべての営業日において、連続して時短要請に応じていること

(3)緊急事態宣言発令日(1月13日)以前から営業していること(営業時間が午後8時までの店舗は除く)

(4)ガイドライン推進宣言事業所ステッカーを掲示または業種別ガイドライン等を遵守していること

要請内容

午前5時から午後8時の間の営業を要請(酒類の提供は午前11時~午後7時)

要請期間

令和3年1月14日(木曜日)午前0時から2月7日(日曜日)午後12時

※ 準備の都合等、特別な事情があり1月14日(木曜日)から時短要請に応じることが困難な場合であっても、時短営業の協力開始日から2月7日(日曜日)午後12時までのすべての営業日において協力いただければ、日割りで支給します。

京都府より、支給要件の一部変更が発表されました。

変更前
 準備の都合等、特別な事情があり1月14日(木曜日)から時短要請に応じることが困難な場合であっても、遅くとも1月18日(月曜日)から2月7日(日曜日)までのすべての営業日において午前5時から午後8時までの間の営業(酒類の提供は午前11時から午後7時まで)にしていただかなければ、協力金の支給対象にはなりません。

変更後
 準備の都合等、特別な事情があり1月14日(木曜日)から時短要請に応じることが困難な場合であっても、時短営業の協力開始日から2月7日(日曜日)午後12時までのすべての営業日において協力いただければ、日割りで支給します。

支給額

1施設(店舗)1日あたり6万円 

※定休日等の店休日を除き時短要請に対応した日数に応じて支給

受付時期・申請方法

京都府緊急事態措置協力金は、要請期間が終了した2月8日(月曜日)以降、受付を開始予定。

具体的な受付期間・申請方法等の詳細は、京都府ホームページ等でのお知らせとなります。

https://www.pref.kyoto.jp/sanroso/news/coronavirus-kyoryokukin3.html<外部リンク>

問い合わせ先

協力金コールセンター  Tel:075-365-7780

9時30分から17時30分(日曜日・祝日除く)


事業者向け情報

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?