ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報(情報集約ページ) > 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえた今後の対応について

本文

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえた今後の対応について

京都府内では、6月下旬以降、連続して新たな感染が確認されており、特に、飲食機会における感染が増えています。このような中、7月22日、京都府から新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、次のように府民の皆さんに協力要請が行われました。

市民・事業者の皆さんは、次のことを徹底いただき、感染拡大防止に努めていただきますようお願いします。

府民への協力要請

新しい生活様式の徹底

引き続き、(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗い、の感染防止の3つの基本をはじめ、「3密」(密集、密接、密閉)の回避など、「新しい生活様式」を徹底してください。

新しい生活様式の実践例<外部リンク>

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました

若い方に対する注意喚起

感染者のうち、20歳代以下の若い方が全体の約50%、30歳代も含めると全体の70%にも及んでいます。特に若い方には、友人との飲み会、コンパなどの飲酒機会において、大声で会話をしないことや回し飲みをしないなど、十分に注意してください。

ガイドラインを遵守していない接待を伴う飲食店などの利用自粛への協力要請

全国的にも、特に感染者が多く生じている接待を伴う飲食店およびその他の酒類の提供を行う飲食店のうち、感染拡大予防ガイドラインを遵守していない店舗の利用は自粛いただきますようお願いします。

事業者へのガイドライン遵守の協力要請

ガイドライン遵守の要請

全国で飲食店における感染が拡大しており、府内でも6月中旬以降、感染経路が判明している50%以上が飲食を伴う会合であることから、飲食店におけるガイドラインの遵守をお願いします。

社交飲食業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン<外部リンク>

 


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?