ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報(情報集約ページ) > 新型コロナウイルス感染症関連 危機関連保証の認定を実施しています

本文

新型コロナウイルス感染症関連 危機関連保証の認定を実施しています

危機関連保証(新型コロナウイルス感染症関連)の認定について

危機関連保証とは

内外の金融秩序の混乱その他の事象が突発的に生じたため、全国的な資金繰りの状況を示す客観的な指標である資金繰りDI等が、リーマンショック時や東日本大震災時等と同程度に短期かつ急速に低下することにより、我が国の中小企業について目立つ信用の収縮が全国的に生じていることが確認でき、国として危機関連保証を実施する必要があると認められる場合に、実際に売上高等が減少している中小企業を支援するための措置です。

今回の危機関連保証とは、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上高等が減少している中小企業者・小規模事業者を対象に、信用保証協会が一般保証、セーフティネット保証とは別枠の限度額で融資額の100%を保証するものです。

この保証を利用するには、売上高等の減少について、市長の認定を受けることが必要です。

指定期間:令和2年2月1日から令和3年1月31日まで

認定要件について

1.福知山市内において1年以上継続して事業を行っていること。

2.新型コロナウイルス感染症の影響により、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して15%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月の売上高等が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれること。

手続きの流れ

認定申請につきましては、窓口混雑の緩和による感染症対策、認定書発行の迅速化の観点から、金融機関による代理申請を原則といたします。

1. 金融機関を通して福知山市産業観光課へ認定申請

2. 審査・認定手続き(認定書の発行には数日かかります)

3. 認定書発行後、融資申し込み・実行

 ※ 市の認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。

必要書類

1. 危機関連保証認定申請書 2部

2. 売上高明細書

3. 最近1か月間の売上高等の確認資料

4. 対象となる最近1か月のその後2か月における売上減少予想の資料

5. 対象となる最近1か月の前年同月とその後2か月の売上高等の確認資料

6. <法人の場合> 直近の決算書(税務署の受付印またはメール詳細の添付要)

7. <個人の場合> 直近の確定申告書

※ 1の申請書と2の売上高明細書様式は、以下よりダウンロードしてください。

危機関連保証認定申請書 [Wordファイル/26KB]

売上高明細書 [Wordファイル/49KB]

 

注意事項

 ・認定の決定後、提出された申請書のうち1通に必要事項を記載して交付します。

 ・認定書の有効期限については、原則30日間ですが、令和2年4月の要領改正により、令和2年1月29日から7月31日までに発行された認定書の有効期間については、8月31日まで延長されました。

 なお、令和2年8月1日以降に発行された認定書の有効期間は、従前どおり「認定書の発行の日から起算して30日」となります。

 ・申請から認定書のお渡しまで数日かかります。余裕をもって申請してください。

 ・本認定が信用保証を確約するものではありません。

 ・金融機関や信用保証協会の審査結果によりご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。

また、あわせて京都府および福知山市で融資制度を創設しています。

詳しくはこちらからご覧ください。