ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災情報 > 災害時要配慮者避難支援事業

本文

災害時要配慮者避難支援事業

1 災害時要配慮者避難支援事業とは

 災害時に避難支援が必要な方を、地域の取り組み(共助)で支え合う制度です。

 災害時要配慮者避難支援事業とは、高齢者や障害のある人など、災害時に避難支援を必要とする災害時要配慮者に対して、ご近所の方をはじめ、自治会、民生児童委員、自主防災組織など、地域の皆さんが連携し、地域の取り組みで支援する仕組みです。
 事前に災害時要配慮者の同意を得て、自治会、民生児童委員、自主防災組織など地域で情報を共有することで、日ごろの見守りや災害時の避難支援に役立てます。

災害時要配慮者避難支援事業の画像

2 災害時要配慮者ってどんな人*登録には本人の同意が必要です

 高齢者や障害のある人など、災害時に避難支援が必要な方です。

 必要な情報を把握することが困難であったり、災害時に身を守る上で、誰かの支援が必要な方を災害時要配慮者といいます。
一般的には、体力に衰えのある高齢者をはじめ、難病患者や障害のある人、乳幼児、妊産婦、日本語が理解できない外国人などがあげられます。
 また、災害時要配慮者には、家族と同居していても、日中などに避難支援が必要な方も含まれます。

3 災害時要配慮者避難支援事業の登録申し込みは

 地域への情報提供について同意される災害時要配慮者の方は、登録申請書を自治会長さんか民生児童委員さんに提出してください。
 登録申請書が必要な方は、「登録申請書(PDFファイル)」をダウンロードいただくか、自治会長さんか民生児童委員さんまでお申し出ください。また、市役所(社会福祉課)や各支所でもお渡ししています。

登録申請書 [PDFファイル/163KB]

登録申請書記入例 [PDFファイル/215KB]

※この事業に登録することで、災害時等の支援を必ず保証されるものではないことを、ご理解くださいますようお願いいたします。あくまでも自助(自分や家族の力で)による避難が基本です。日ごろから自治会活動や防災訓練等に参加するなどして、積極的に地域の方々と交流する機会を増やしましょう。
※登録していただいた個人情報については、行政及び自治会内において適正に管理し、申し込まれた方の避難支援以外の目的には使用しません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?